制作工程
神馬の制作工程  制作工程の一例をご紹介します。
  • 1.スケッチ

    ご依頼頂いたイメージをスケッチします。

  • 2.エスキース(習作)

    粘土で10分の1サイズのヒナ型を制作します。

  • 3.原寸大芯組み

    芯組み完了。この後、表面に粘土を付け、粘土原型を制作します。

  • 4.粘土原型

    芯に粘土を荒付けしてゆき、大まかな形を造形してゆきます。

  • 5.粘土原型

    細部まで造形し、粘土原型を完成。

  • 6.石膏型取り

    粘土原型に石膏をかぶせてゆきます。

  • 7.石膏型取り

    石膏に厚みを付けてゆきます。

  • 8.石膏型取り

    石膏硬化後、型をバラしてゆきます。

  • 9.石膏型取り

    型バラシ後、中の粘土、芯を取り除いてゆきます。

  • 10.FRP成形

    石膏型にポリエステル樹脂を塗り、ガラス繊維を重ね、張り込みを強化し原型を成形します。

  • 11.FRP原型

    石膏型を割り除き、形を整え原型完成。

  • 12.鋳型造形

    FRP原型から鋳型をとります。

  • 13.鋳型造型

    おも型(外側の鋳型)に油粘土を貼り、中子型(内側の鋳型)をつくります。

  • 14.鋳込み

    出来上がった鋳型に溶解したブロンズを流し込みます。

  • 15.仕上げ

    表面を磨き、各部品を溶接し組み立てます。

  • 16.仕上げ

    完成

  • 17.着色

    下地色を付けます。

  • 18.着色

    青銅色を付けます。

  • 19.着色

    ウレタンコーディングにて完了。

  • 20.紋・金箔押し作業

  • 21.現地取り付け

    クレーンを使って吊上げ設置。

  • 22.現地取り付け

    取付完了。